杉並区浜田山 わたなべ内科皮膚科クリニック 湿疹 ニキビ アトピー性皮膚炎 じんましん ヘルペス いぼ 鶏眼・胼胝 シミ 肌トラブル

皮膚科の診療

診療内容

わたなべ内科皮膚科クリニック 皮膚科の診療

湿疹、ニキビ、アトピー性皮膚炎、じんましん、ヘルペス、いぼ、鶏眼・胼胝などの一般的な皮膚疾患の治療に加え、シミ、肌トラブルなどの美容的なお悩みも遠慮なくご相談ください。

当院では患者様のニーズに合わせ、やさしくわかりやすいご説明を心がけております。

また、ケミカルピーリング、イオン導入、フォトフェイシャル、ピアス、巻き爪のワイヤー治療、プロペシア内服による男性型脱毛症(AGA)の治療、各種基礎化粧品などの自費診療もおこなっております。



一般皮膚科

■主な疾患

アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、にきび、じんましん(急性、慢性)、脂漏性皮膚炎、手あれ、熱傷、単純ヘルペス、帯状疱疹、乾癬、掌蹠膿疱症、おむつかぶれ、乳児湿疹、陥入爪、老人性いぼ、ウイルス性いぼ、水いぼ、とびひ、鶏眼、胼胝、皮脂欠乏性皮膚炎、腫瘍、脱毛症、しみ、肝斑、アレルギー、白癬、カンジダ症、薬疹、床ずれなど


■検査と治療
  • 診察室顕微鏡検査
  • 採血によるアレルギー検査
  • 皮膚生検
  • 手術
  • 金属パッチテスト
  • ダーマスコープによる診断
  • 液体窒素やレーザーによるいぼの治療
  • 水いぼの摘出
  • フェノール法による陥入爪手術
  • 鶏眼、胼胝のけずり
■アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎には2つの疾患機序があります。ひとつはアレルギーであり、もうひとつは乾燥による皮膚のバリア機能の低下です。治療として日本皮膚科学会の治療ガイドラインでは、ステロイド外用剤を主体とし、タクロリムス軟膏や保湿剤を併用することを推奨しています。当院においても皮膚科専門医によるガイドラインに沿った治療を行います。
適切な外用薬の使用法、スキンケアを主体とし、必要であれば抗アレルギー剤を中心とした内服治療も併用します 。

■ニキビ

ニキビは、皮脂の分泌が過剰になり、皮脂の出口である毛穴の部分が角化することによりおこります。ひどくなると毛穴の中でニキビ菌が繁殖して炎症を起こします。当院では、ニキビのスキンケアのアドバイスに加え、日本皮膚科学会のざ瘡治療ガイドラインに基づく内服、外用治療を中心に治療を行います。また、必要に応じケミカルピーリング(自費診療)も行っております。

■じんましん
***

じんましんは、赤く皮膚がもりあがってかゆみを伴い、しばらくすると消えてしまう比較的よくみられる疾患です。1か月以上続くじんましんを慢性じんましんとよびます。治療には主に、アレルギー反応を抑える抗アレルギー剤の内服薬を使用します。




■脂漏性皮膚炎

顔や頭など皮脂分泌が盛んな部位にかゆみ、赤み、フケなどの症状としてあらわれる脂漏性皮膚炎は、症状が良くなったり、悪くなったり繰り返しやすい疾患です。必要に応じ、抗真菌剤の外用、ステロイド外用剤、ビタミン剤内服等の併用治療をします。

■肝斑

主に30~40歳代の女性で頬骨あたりに左右対照に生じる褐色斑です。ホルモンの影響や妊娠、ピルの内服、多量の紫外線暴露が原因となり出現するといわれています。治療としてはビタミンC、トラネキサム酸の内服、ぬり薬ではハイドロキノン(自費)などの美白剤を使用します。

美容皮膚科、自費診療


■主な疾患

ニキビ、しみ、そばかす、眉間のしわ、肌あれ、ほくろ、いぼ、男性型脱毛症(AGA)
など

■治療、各種基礎化粧品
  • メディカルコスメケミカルピーリング
  • イオン導入
  • フォトフェイシャル
  • ボトックス注入
  • 巻き爪のワイヤー治療
  • レーザー治療
  • ピアッシング
  • プロペシア処方
  • ハイドロキノン
  • 高濃度ビタミンCローション
  • 美白用基礎化粧品
  • 低刺激石けん
  • 美容皮膚科診療一覧
  • 各種基礎化粧品一覧

設備紹介

フォトフェイシャル
フォトフェイシャル
炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザー